男の人

次の入居者のために現状回復を!信頼できる業者の探し方

このエントリーをはてなブックマークに追加

やっておきたいことは

空き部屋

賃貸物件を探す上で重要なのが、部屋の状態です。壁やキッチン、洗面所などに傷や破損があると悪い印象を与えてしまいます。そこで行われているのが現状回復です。部屋の状態を元に戻します。

もっと読む

役割を知っておく

作業員

賃貸などで物件を借りた際、部屋をある程度改装することは多々あります。しかし、契約の際に原状回復が必要と記載されていれば、退去する際に原状回復を行なう必要性があります。この費用は自腹となります。

もっと読む

対応方法を観察

作業員

賃貸の部屋や事務所から退去することになったら、現状回復業者の力が便利です。利用する場合は、スタッフの対応や施工作業で大きな音を出しにくくしてくれるかで決めましょう。

もっと読む

綺麗に戻す

メンズ

現状回復のガイドライン

民間賃貸住宅の退去時に一番問題になりやすいのは、貸した側と借りた側のどちらが現状回復を行なうのか、という点かもしれません。住宅は使用していればかならず経年劣化も含めて劣化していくものですので、借りた時と同じ状態に戻すことは、現実的ではないといえます。どこまでを経年劣化とみなすのか、国土交通省によって定められているガイドラインによると、現状回復は、「賃借人が借りた当時の状態に戻すことではない」とされており、賃借人の故意、過失、善管注意義務違反、その他通常を超えるような使用による損耗、毀損である場合のみ、賃借人が現状回復費用を負担すべきだとしています。また、経年劣化や通常消耗も考慮されるため、賃貸年数が長いほど負担割合も少なくするという考え方をしています。

クリーニングやリフォーム工事は必須です

退去時の状況や賃貸年数を勘案して現状回復の費用をどちらかが負担することが決まったとしても、次の賃借人に貸すためには、部屋のクリーニング、またはリフォーム工事が必要になります。賃貸住宅は、入居者不在の空室日数が長いほど収入が減ってしまいますので、まずは、なるべく早くクリーニングやリフォーム工事を行なってくれる業者を選んだ方が良いといえるでしょう。その点では、一般のリフォーム業者より、現状回復を専門にしている業者の方が作業に慣れているため、早めの見積もり提出や作業納期なども期待できるようです。また、業者によっては、退去立ち会い、敷金清算なども含めて代行サービスをしてくれる所もあるようです。なるべくストレスなく信頼できる業者に依頼し、現状回復を行なって、早く次の方に快適に住んでもらえるようにしたいものです。